mineoの評判は?実際に申し込みをして使い勝手をレビュー!

mineoの評判は?実際に申し込みをして使い勝手をレビュー!

元々au系のMVNOとして有名だったmineoですが、auだけでなくドコモの回線もサポートをするようになりました。

 

そして、日本国内初のマルチキャリアMVNOとして新たに生まれ変わりました。

 

 

そんなmineoが気になったので、申し込みをしてレビューしてみます。

 

※9/1からドコモ回線プランをスタートした記念として、現在キャンペーン中です。
6か月の間、料金が800円引きとなります。

 

 

まず、mineoとは

 

関西電力系列の株式会社ケイ・オプティコムという会社が運営しているMVNOです。

 

ケーブルテレビ事業やPHS事業(現在は終了)や、光インターネット事業などを展開している会社です。

 

mineoはMVNO(仮想移動体通信事業者)事業として展開されています。

 

申し込みはどれくらいかかる?

 

だいたい10分くらいで終わります。

 

 

 

mineoのメリット

 

通話SIMプランの最低利用期間が無い

 

普通MVNOの通話SIMプランに申し込みをすると、最低利用期間があります。

 

しかし、mineoは最低利用期間が一切ありません。

 

解約の際に必要な違約金は一切ありません。

 

利用してもらえば満足してもらえるという自信の表れでしょうか。。。

 

ただし、MNP転入を頻繁に行われるのを防ぐために、利用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出する場合は、MNP転出手数料2,160円(税込)が12,420円(税込)となります。

 

13カ月目以降であれば、他社MVNOと同じく2,160円(税込)です。

 

 

ドコモもauも対応してるので、利用できるスマホ端末が業界No1

 

2015年9月1日から国内初のマルチキャリアMVNOとなったmineoですが、ドコモとauの両方に対応しているだけあり、対応しているスマホ端末がMVNO業界No1です。

 

幅広く端末をサポートしているので、とても使いやすいです。

 

 

MNP切り替えが自宅でできる

 

MNP乗り換えをする際は、SIMカードが自宅に届くまで時間がかかるため、スマホが使えなくなる「不通期間」がMVNOへの乗り換えの宿命ですが、mineoの場合はそれがありません。(auのみですが)

 

SIMカードが届いたら、自分でMNPの切り替えをできるので、不通期間を作ることなく乗り換えができます。

 

不通期間で頭を悩ませている人にとっては、即日でMNP切り替えができるのはかなり大きいメリットです。

 

 

パケットを誰にでも分けらえる「パケットギフト」がある

 

新しく始まったサービスとして、余ったパケットを誰にでも送れパケットギフトがあります。

 

 

mineoのデメリット

 

データ通信プランが少し幅狭い

 

500MB/1GB/3GB/5GBの4つしかデータ通信プランがない。

 

基本は抑えていると思うが、5GBより多く使いたい人には向かない。

 

ヘビーユーザーには向かないMVNO。

 

ライトユーザーには特に問題ないです。

 

 

キャリアメールが使えない

 

当たり前ではありますが、キャリアメールが使えません。

 

ここに関しては、Gmailとラインで代用すれば大丈夫ですね。

 

 

実際に申し込んで分かったこと

 

「ほとんど死角がない」ということです。

 

データ通信速度も遅くないので、不満も特にないです。

 

安くて使い勝手も良くて、オススメのMVNOです!!